「EOS M100」のDxOMarkセンサースコアが公開

「EOS M100」のDxOMarkセンサースコアが公開

DxOMarkがキヤノンのエントリー向けミラーレスEOS M100のセンサースコアを公表しました。総合スコアは78ということで、APS-Cのエントリーモデルとしてはまずまずといったところでしょうか。

EOS M100 センサースコア
EOS M100 センサースコア

ライバルとの比較

競合モデルとの比較でみると、キヤノンのミラーレスの上位モデルであるM5やM6と同程度。ソニーのAPS-Cミラーレスでは中上位モデルのα6300にはちょっと劣りエントリーモデルのα5100とは同程度、といった感じでしょうか。

  総合スコア 色深度 ダイナミック
レンジ
低照度ISO
EOS M100 78 23.5 12.9 1272
EOS M6 78 23.4 12.6 1317
EOS M5 77 23.4 12.4 1262
α6300 85 24.4 13.7 1437
α5100 80 23.8 12.7 1347
E-M10 mk2 73 23.1 12.5 842

 

ソニーの最新のイメージセンサーでAPS-Cクラスのミラーレスであるα6300と比べると色深度とダイナミックレンジでは劣っていますが、高感度性能では互角、といった具合のようです。総合スコアでは負けていますが、α6300はソニー製APS-Cクラスでは上位モデルであり、同クラスのエントリーモデルのα5100とは同程度の性能となっています。

総評

EOS M100は像面位相差AFを搭載してるAPS-Cセンサーとしては、価格が手頃ということで人気のある機種でもあります。対応レンズマウント郡が少ないものの、エントリー向けの手頃な価格のレンズはひと通りそろってきた感もあります。

安価で良好な描写のカメラとレンズをそろえたい、というニーズには応えられる製品であるということが証明されたのではないかと思いますす。