キャノン「EOS M100」を徹底レビュー – カジュアルだけど高画質なミラーレス

キャノン「EOS M100」を徹底レビュー – カジュアルだけど高画質なミラーレス

主な特徴

  • APS-C 2400万画素
  • 最新の処理エンジン(DIGIC 7)
  • エントリーモデルなのに像面位相差AF
  • タッチパネル
  • 小型・軽量

基本情報

  EOS M100
メーカー Canon
発売日 2017年10月
参考価格
(ボディのみ)
5万円前後

デザイン・操作性

EOS M100は、デザインのバリエーションが豊富です。カラーは、ホワイト・ブラック・グレーの3種類。さらに、9種類のフェイスジャケットを組み合わせることにより、計27種類のデザインを楽しむことができます。

Canon EOS M100

EOS M100 カラーバリエーション

重さは、バッテリーと記録メディアを含んでも、302gと手軽に持ち運べる軽さ。コンパクトなのでカバンに入れてもかさばらず、邪魔にならないサイズ感です。撮影可能枚数は295枚と、まあ普通。コンパクトボディなので大容量バッテリーというわけではありません。残念ポイントとしてはUSB充電には非対応。

操作系は、上位モデルと比べるとボタンやダイヤルが少なく、カメラ上級者には設定変更の幅が少ないと感じるかもしれません。しかし、キャノンのタッチ操作はとても優れているため、そんなじ不自由を感じません。

  EOS M100
防塵防滴
バッテリー LP-E12
(875mAh)
撮影枚数(CIPA基準) 295枚
対応記録メディア SD×1
(UHS-I対応)
重さ
(バッテリー、記録メディア含む)
266g
(302g)
サイズ
(幅x高さx奥行き)
約108×67×35mm

キヤノンの上位モデルと同じ画質

EOS M100はキャノンのミラーレスのエントリーモデルながら、カメラの画質を支える画像処理エンジンは上位モデルと同じDIGIC7です。さらに旧モデルのEOS M3やEOS M10にはなかったボディ内RAW現像回折補正に対応しており、画質面では妥協をしていません。

これはAPS-Cのセンサーのカメラとしてはかなり廉価に設定されていることを考えると、驚きのコストパフォーマンスです。

  EOS M100
有効画素数 2,420万画素
センサータイプ CMOSセンサー
センサーサイズ APS-C
(23.6 ~ 15.6)
ISO感度 100 ~6400
(拡張 25600)
ローパスレス
手ぶれ補正
画像処理プロセッサ DIGIC7

エントリーモデルなのに「像面位相差AF」

AFは、エントリーモデルには珍しく像面位相差AFを搭載。初心者向けの機種はコントラストAFというフォーカスの遅い簡素なAFである場合がほとんどですので、これは評価できます。APS-Cミラーレス一眼で像面位相差AFを搭載しているのはキャノンのEOS M100 か ソニーのα5000シリーズと6000シリーズだけです。ですが、ソニー製品と比べてEOS M100は価格が安いので、コスパが優れています。

像面位相差AFのため、暗所での撮影でもAFに迷いが少なく、動くものにピントを合わせ続けることも得意です。色々な被写体に対応できて、初心者でも取り扱いやすいと思います。

  EOS M100
AF方式 デュアルピクセルCMOS AF
(像面位相差AF)
AF測距点 49点
測距範囲 EV-1~18
シャッタースピード 1/4000~30秒
フラッシュ同調速度 1/200秒以下
連続撮影コマ数
(メカシャッター)
4.0コマ/秒(AF追従)
6.1コマ/秒(AF固定)
連続撮影バッファ RAWなし:89枚
RAWあり:21枚

ファインダー・背面モニター

ファインダー(EVF)は非搭載です。基本的にエントリーモデルにはファインダーは付きませんので、これは普通。背面モニターは3.0インチの104万ドット。タッチ操作が可能で、他のメーカーと比べて操作性が秀逸です。

スマートフォンのような直感的でわかりやすい操作系で、ピント合わせや設定変更がサクサクできてスムーズです。

背面モニター

  EOS M100
画面サイズ 3.0 インチ
ドット数 104万ドット
可動式モニタ チルト式
(上方向180°)
タッチ操作

動画

動画はいたって普通の性能。最近のミラーレス一眼では標準となりつつある4K動画には対応していません。でも、4K動画は対応している機種でも撮影時間は5分だけだったり、そもそも対応テレビを持っていないと意味がないので必須の機能とはいえないと思います。ですので、特に大きな減点にはならないでしょう。

  EOS M100
記録方式 MP4/AAC-LC
圧縮方式 H.264
動画記録サイズ/
フレームレート
Full HD:60p
HD:60p
VGA:30p

通信のインターフェースが充実

EOS M100は通信機能も充実してます。Wi-Fi・Bluetooth・NFCを搭載しています。

遠隔操作はスマートフォンのみに対応を限定していて、リモートレリーズやワイヤレスリモコンには非対応です。スマホからのステップアップを想定しているので、割り切っていると考えられます。離れたところからシャッターを押す遠隔操作にはスマホと専用アプリが必須となります。

一方、ハードの拡張性はあまりなく、電子ファインダーや外部フラッシュを装着するアクセサリシューがありません。とはいえ、初心者には問題ありません。

  EOS M100
映像/音声出力
・デジタル端子
micro USB
HDMI タイプD
外部マイク Φ3.5mm
USB充電
Wi-Fi
Buletuooth
GPS
(スマートフォンと連携)
電子水準器
内蔵フラッシュ
(GN5.0)

これは買うべき?

スマートフォンのカメラからレンズ交換式のカメラへとステップアップを考えているユーザーにとって、EOS M100はとてもフレンドリーな製品です。

ボディは軽量、コンパクトながら他のキヤノンのカメラと同じ最新の画像処理エンジンを搭載した2400万画素センサー、像面位相差AF、タッチパネルまで備えています。それでいて価格帯は最安値といっていいぐらい。ライバルのミラーレス一眼と比べても、キヤノンのAPS-Cセンサーの入門機と比べても、お手頃感があります

ファインダー(EVF)やアクセサリーシューがないこと、素早く操作するためのダイヤルやボタン類が省略されていることで、ベテランユーザーは買うのをためらうかもしれません。上級者は複合ダイヤルを好みますので。しかし、カメラ初心者などライトユーザーであればその辺は特に問題にはならず、スマホのようにタッチスパネルで直感的できる操作感は、むしろ親和性が高いと思います。

タッチパネルの可動液晶によってAFポイントが簡単に選択でき、デュアルピクセルAFは動体捕捉性能に優れているので、静物にも動きモノにもピントが合わせやすく、被写体を選びません。

欠点としては、EOS Mシリーズ専用レンズのラインナップが少ないことです。望遠やマクロなどひととおりの種類はそろってきてはいるものの、ボケを大きくしたい場合の単焦点レンズなどは、まだまだ充実していません。一つ一つのレンズ自体は、良心的な価格設定になっており、他社と比べてもかなり安い。あとは数と種類さえ増えてくれれば不満がないのですが。

レンズの種類に不足があるのであれば、マウントアダプターで一眼レフ用の大きなレンズを買うことになります。が、少ない軍資金でレンズ遊びを楽しみたいカメラ初心者には、当座はこれも問題になりにくいでしょう。

スペック的にはそれほど目立つカメラとはいえませんが、日常に溶け込み、いろいろなシチュエーションで素晴らしい写真を撮るには、いいカメラだと思います。本体も(種類は少ないが)レンズも、価格設定が良心的で、ミラーレス一眼の入門用としては、うってつけの1台でしょう。

良いところ

  • JPEGでの色再現性が素晴らしい
  • Dual Pixel AF による高速なAFと動体追従性能
  • 軽量・コンパクト
  • 最新の画像処理エンジン(DIGIC 7)
  • 像面位相差AF
  • 優れたタッチパネルの操作性
  • 対応レンズが安い
  • Wi-Fi、Bluetooth、NFCに対応
  • お洒落なカメラケースが多い

微妙なところ

  • USB充電が非対応
  • 純正レンズの選択肢が少ない
  • 4K動画は非搭載
  • 拡張性が乏しい(アクセサリーシューがない)
  • 電子シャッターがない無し(静音撮影非対応)

作例・サンプル画像

画像引用:Canon