キヤノンは2つのプロユースなミラーレス一眼を開発している?【海外の情報】

キヤノンは2つのプロユースなミラーレス一眼を開発している?【海外の情報】
Canon Rumors に、キヤノンのミラーレス一眼カメラに関する噂が掲載されています。
 
Two Prosumer Mirrorless Camera Bodies in Development [CR2]
 
  • とある情報源から「キヤノンが2種類のプロユース(プロシューマー)のミラーレス一眼を開発している」と教えられた。どちらもフルサイズセンサーを搭載する。

  • 「フラッグシップモデル」のミラーレス一眼が先に発表され、その6〜8ヶ月後にその下位グレードののカメラが発売される予定。

  • 同じ情報源が「キヤノンはフルサイズミラーレスにEFレンズを取り付ける素晴らしい解決策を持っている」と言っている。それはつまり、今後発売されるキャノンのフルサイズミラーレス一眼がEFマウントではないことを意味するのではないか。

  • 他の情報源からも同じような噂を耳にしたが、ボディがFEマウントであるか、そうでないのか、確証は得られていない。

ここでいうフラッグシップモデルが一眼レフのラインナップの「1D」クラスなのか、「5D」クラスなのかは不明です。一つ下位のグレードとされるのは「5D」クラス、または、「6D」クラスのどちらかですね。あるいはミラーレス一眼向けにはラインナップのあり方も見直すのかもわかりません。

Canonが5月大規模イベントを開催するという話もあるので、早ければそこでフラッグシップ機にお目見えできるかもしれません。