PRリンク

富士フイルム

 「FUJIFILM X-T2」は、前継機X-T1のデザインやコンセプトを受け継ぎ、画素数の向上、ボタンやダイヤルの操作性改善、AF-Cの追従性能向上、ファインダーの連写時ブラックアウト時間短縮、動画性能の向上などでグレードアップして ...

富士フイルム

主な特徴

「X-pro2」は、2012年2月に発売された「FUJIFILM X-Pro1」の後継モデルで、約3年ぶりのモデルチェンジになります。富士フィルムのフラッグシップモデルとして、全体的なスペックアップや新機能の追加が図られていま ...

富士フイルム

主な特徴(X-T1との比較)上位機種「X-T1」と画質クオリティが同じ(APS-Cサイズの1630万画素センサー、X-Trans CMOS II)
大きく進化した最新のAFシステム搭載
X-T1よりも小型軽量(X-T1:約440 ...

富士フイルム

特徴

富士フィルムのEVF(電子式ファインダー)は、従来機のX-E1までは不評で、他メーカーのライバル機からは圧倒的に劣っていると言われていました。X-E1では、EVFの表示速度が「0.065秒」でしたから、シャッタースピードの0.05 ...

富士フイルム

<基本スペック>
・APS-Cサイズ 有効1630万画素 X-Trans CMOS IIセンサー
・ローパスレス構造
・点像復元処理
・像面位相差AFによるインテリジェント・ハイブリッドAF
・ ...

富士フイルム

「X-A2」は、有効1630万画素のCMOSセンサー、「セルフィー(自撮り)」対応のチルト液晶モニター、進化したオートフォーカス、約410枚撮影可能な長寿命電池などを搭載したミラーレス一眼です。

自撮り(セルフィー)向けの ...

富士フイルム

dpreviewにFUJIFILM X-Pro1の製品レビューが掲載されていました。

dpreview:Fujifilm X-Pro1 in-depth review

<操作性>

AF(オートフォーカス) ...