PRリンク

富士フイルム「X-Pro3」が2019年に登場する?

Fuji Rumors が、富士フイルムX-Pro3の発売時期に関する噂を掲載しています。

・Fujifilm X-Pro3 Coming in 2019 – Trusted Source

  • 信頼できる情報提供者によると、富士フイルムのX-Pro3は2019年中に発表されるという。まだスペックに関する情報はないが、X-T3と同じセンサーと画像処理エンジンを採用すると考えるのが自然だろう。
  • X-Pro3の登場時期はいつになると考えられるだろう? 富士フイルムが製品サイクル(2年ごと)であれば、2020年の1月ということになる。ここから統合して推測すると、この2020年1月付近の、X-Pro3は2019年の終わりに登場するのではないか。

富士フイルムのセンサーと画像処理エンジンは、先日発売されたX-T3のときに刷新され、簡易版のX-T30でもその内容が踏襲されています。当然、X-Pro3にも、新しい画像処理エンジンが採用されるはずですが、さらに踏み込んでバージョンアップがされるのか、あるいはX-T3と同等の性能でハイブリッドファインダーを備えるモデルとなるのか、まだわかりません。まだ登場までに半年以上あるので、徐々に情報が出てくると思われます。

価格はX-Pro2よりも高くなる?

Fujifilm X-Pro3 will Be Made In Japan – Anonymous Source

  • 匿名の情報提供者が、富士フイルムX-Pro3は、X-Pro2と同じく日本製だと述べている。富士フイルムはX-T3の生産を中国に変更した。そのためX-T3の発売時の価格がX-T2よりも安くなっている。
  • X-Pro3の生産が日本のままであるということは、X-Pro3の価格はX-Pro2と同じか、場合によっては高くなることもあり得る。

スペックは?

Fuji Rumorsによると、次のスペックという噂が流出しています。

  • 新2610万画素または2400万画素X-Transセンサー
  • X-Processor 4 でプロセッサーは4コアCPU
  • 4K 60fps
  • ボディ内5軸手ぶれ補正
  • 3インチ 104万ドット 3方向タッチスクリーン
  • 防滴マグネシウムボディ