富士フイルム「X-T3」の噂 ー 26MPセンサーや大容量バッテリーが採用される?

富士フイルム「X-T3」の噂 ー 26MPセンサーや大容量バッテリーが採用される?
Fuji Rumors に、富士フイルムX-T3のスペックについての噂まとめが掲載されています。

href=”https://www.fujirumors.com/--better-battery-performance-and-touch-screen-new-battery-charger-bc-w126s-registered/”> X-T3: Better Battery Performance and Touch Screen

  • 発表はフォトキナの近く(9月下旬)または、それよりも少し前
  • ボディ内手ブレ補正は採用されない
  • 26MPのAPS-C X-Transセンサー
  • 積層型センサー(これはまだ確証のない情報)
  • 新しい画像処理エンジン
  • 改善されたバッテリー性能
  • タッチパネル

X-T2とのセンサー性能の比較

X-T3は新型のX-Transセンサーと画像処理エンジンが採用されるとの噂です。そのため画質面では最新モデルであるX-H1を上回るものになると思われます。なお、X-H1との差別化のためかボディ内手ブレ補正は採用されないようです。

  X-T3 X-T2
有効画素数 約2,600万画素(予想) 2,430万画素
センサータイプ X-Trans CMOS Ⅳ(予想) X-Trans CMOS III
センサーサイズ APS-C
(23.6×15.6 mm)
APS-C
(23.6×15.6 mm)
ISO感度
(拡張感度)
不詳 200~12800
(100,25600,51200)
ローパスフィルターレス ◯(予想)
ボディ手ぶれ補正
(最大補正効果)
−(予想)
画像処理プロセッサ 新しいプロセッサ(予想) X-Processor Pro

X-T2とのバッテリー性能の比較

画質面以外でもバッテリーライフなど、多くの改善や機能追加がなされる可能性があります。

既出の情報として、富士フイルムは、新しいバッテリーチャージャー「BC-W126S」を認証機関に登録しています。これはより大容量のバッテリーを採用する可能性が高いことを示唆します。

  X-T3 X-T2
バッテリー より大容量の
バッテリー
NP-W126S
(1260mAh)
撮影枚数(CIPA基準) より多い撮影枚数 340枚
USB充電 ◯(予想)

X-T2との背面モニターの比較

X-T3にはタッチパネルが搭載されるとの予想です。富士フイルムは、X-H1などの新しい機種ではすでにタッチパネル付きの背面モニターを搭載しているので、それは当然かなと思われます。

  X-T3 X-T2
画面サイズ 不詳 3.0 インチ
ドット数 不詳 104万ドット
可動式モニタ 不詳 3方向チルト
タッチ操作 ◯(予想)