PRリンク

LUMIX「S1」「S1R」で使える、ライカSLマウントレンズ一括紹介

2018年10月8日

2018年9月25日、フォトキナにて、ライカ、パナソニック、シグマの3社がLマウントアライアンスで協業することを発表した。

そして、パナソニックがフルサイズミラーレス、LUMIX S1/S1Rを2019年にリリースすると発表しました。ライカLマウントと共通マウントであるため、ライカLマウントのレンズのうち、フルサイズセンサー対応のSLレンズが使えることになります(なお、TLレンズはAPS-C用のレンズ)。

ここではライカLマウント用フルサイズレンズを紹介したいと思います。

ズームレンズ

メーカー レンズ名称 価格
(税込)
焦点距離
(35mm換算)
重量
(g)
AF 手ぶれ補正 最短撮影距離
(m)
最大撮影倍率 発売年
Leica SUPER-VARIO-ELMAR-SL
16–35 f/3.5–4.5 ASPH.
777,600 16-35 990 0.25 ワイド端 1:7.7
テレ端 1:3.7
2018
Leica VARIO-ELMARIT-SL
24–90 f/2.8–4 ASPH.
669,600 24-90 1140 ワイド端 0.3
テレ端 0.45
ワイド端 1:7.2
テレ端 1:3.8
2016
Leica APO VARIO-ELMARIT-SL
90–280 f/2.8–4
853,200 90-280 1710 0.6/1.4 1:5 2016
Panasonic 70-200mm               未定
Panasonic 24-105mm               未定

単焦点レンズ

メーカー レンズ名称 価格
(税込)
焦点距離
(35mm換算)
重量
(g)
AF 手ぶれ補正 最短撮影距離(m) 最大撮影倍率 発売年
Leica APO-SUMMICRON-SL 35 f/2 ASPH. 400,140 35 252 0.7 1:17.4 2016
Leica SUMMILUX-SL 50 f/1.4 ASPH. 691,200 50 1065 0.6 1:10 2016
Leica APO-SUMMICRON-SL 75 f/2 ASPH. 595,080 75 720 0.5 1:5 2018
Leica APO-SUMMICRON-SL 90 f/2 ASPH. 656,640 90 900 0.6 1:5 2018
Leica APO-Summicron-SL 50 f/2 ASPH.   50           未定
Panasonic 50mm F1.4   50           未定

と、ライカSLマウントの対応レンズは、現状ではズームレンズが3本、単焦点が4本となっており、最低限のラインナップが揃っていると受け止めることも可能ですが、いかんせん価格が高いように思います。最も安い単焦点で約40万円、ズームレンズは最低で67万円からです。

2019年にパナソニックがLUMIX S1/S1Rをリリースする予定ですが、本体と同時にライカのレンズを購入するユーザーは、相当な初期投資が必要になります。ただ、ここにパナソニック製のレンズが上乗せされて、シグマが安価なレンズラインナップを供給すれば、早いペースでレンズ群を充実させることが可能になるやもしれません。

フルサイズミラーレスで独自マウントを採用したニコンやキヤノン、すでにフルマウントミラーレス市場で優位性を確立しつつあるソニーに対して、レンズマウントを共通規格化することによって、対抗できるのか、展開が楽しみです。