PRリンク

ニコン「Z6」と「Z7」の違いを比較してみた

2018年8月24日

ゆす 

ニコンが、35mm判フルサイズの撮像素子を搭載するミラーレス一眼「Z7」および「Z6」を発表しました。

両機種の違いは、大まかにはZ7が高解像度タイプ、Z6がオールラウンダータイプという位置付けです。ここでは、Z6とZ7のスペックの違いを比較していきたいと思います。

価格(Z6:ボディのみ約27万円、Z7:約44万円)

カラーバリエーションはどちらも「ブラックのみ」になります。予想実勢価格は下記のとおりです。

レンズマウントは、ニコンがフルサイズミラーレス用に新たに設計した内径55mmという大口径の新マウントです。新マウントは、レンズ設計の自由度が格段に上がり、光学性能の驚異的な向上を実現できるとニコンはうたっています。

  Z6 Z7
メーカー Nikon Nikon
レンズマウント Zマント Zマント
発売日 2018年11月下旬 2018年9月下旬
参考価格 – ボディのみ:27万円前後
– 24-70mm レンズキット:
34万円前後
– FTZ マウントアダプターキット:
29万円前後
– 24-70 + FTZ マウントアダプターキット:
36万円前後
– ボディのみ:44万円前後
– 24-70mm レンズキット:
51万円前後
– FTZ マウントアダプターキット:
45万円前後
– 24-70mm + FTZ マウントアダプターキット:
53万円前後

デザイン・操作性(まったく同じ)

ボディやボタン類など操作系は、どちらのカメラも同一で、134×100.5×67.5mm、約675g(バッテリーおよびメモリーカードを含む)。

操作系は右肩部に集中。上面には正方形の表示パネルが配されており、主な撮影設定が確認できます。左肩部には、モードダイヤルが、背面側にはスチルと動画のセレクトボタンのほかは、再生に関する操作ボタン、ジョイスティックなどが設けられています。グリップは適度に前面にせり出しているところが特徴的で、ホールド感は高そうです。

正面

背面

上面

側面

Z7、Z6ともに記録メディアはXQDメモリーカードで、残念ながらシングルスロット。SDカードには非対応です。なお、ニコン純正のXQDメモリーカード(64GBと128GB)を発売するとのことです。

バッテリーは、リチウムイオン充電池の「EN-EL15b」。USB充電にも対応しますが、充電は電源オフ時のみで、USBで給電しながらの撮影はできないとのこと。

ボディは防塵・防滴で、ニコンいわく、「D850」同等の高い防塵・防滴性能と堅牢性を実現したとのこと。

  Z6 Z7
防塵防滴
(0℃~40℃、85%以下)

(0℃~40℃、85%以下)
バッテリー EN-EL15b EN-EL15b
撮影枚数(CIPA基準) ファインダーのみ使用時:310枚
画像モニターのみ使用時:380枚
ファインダーのみ使用時:330枚
画像モニターのみ使用時:400枚
USB充電
対応記録メディア XQDカード×1 XQDカード×1
重さ
(バッテリー、記録メディア含む)
675g 675g
重さ
(本体のみ)
585g 585g
サイズ
(幅x高さx奥行き)
134×100.5×67.5mm 134×100.5×67.5mm

センサーの有効画素数(Z6:2,450万画素、Z7:4,575万画素)

どちらのカメラも、従来より多くの光の取り込みが可能とされる「裏面照射型CMOSセンサー」を採用します。また、どちらもローパスフィルターレス仕様で、画像処理エンジンは刷新されて「EXPEED 6」となっていることは、共通したスペックです。

解像性能には違いがあり、有効画素数がZ6は2,450万画素Z7が4,575万画素で約2倍の差があります。

また、どちらのカメラも同一性能のボディ内手ブレ補正機構を搭載し、補正効果は最大5段分とのこと。マウントアダプター「FTZ」を介して既存のVR機構つきのレンズを使用した場合の動作は、ヨーとピッチをレンズ側で、ロール補正をボディ側で行なっているといいます。

  Z6 Z7
有効画素数 2450万画素 4575万画素
センサータイプ 裏面照射型CMOS 裏面照射型CMOS
センサーサイズ 35mmフルサイズ
(35.6×23.8mm)
35mmフルサイズ
(35.6×23.8mm)
ボディ手ぶれ補正
(最大補正効果)

(5軸 5.0段)

(5軸 5.0段)
画像処理プロセッサ EXPEED 6 EXPEED 6
RAW出力 RAW 12ビット/14ビット
(ロスレス圧縮、圧縮、非圧縮)
RAW 12ビット/14ビット
(ロスレス圧縮、圧縮、非圧縮)

ISO感度(Z6:常用 100~51200、Z7:64~25600)

「Z 6」は、有効画素数2450万画素で、ISO 100~51200の幅広い常用感度域(ISO 50相当までの減感、ISO 204800相当までの増感が可能)を実現します。

「Z 7」は、有効画素数4575万画素と高画素ながら、常用感度ISO 64~25600を達成(ISO 32相当までの減感、ISO 102400相当までの増感も可能)。

  Z6 Z7
ISO感度
(拡張感度)
100~51200
(50,204800)
64~25600
(32,102400)

連写性能(Z6:最高12コマ/秒、Z7:9コマ/秒)

Z7の連写速度は、最高約9コマ/秒、Z6では12コマ/秒。Z7は約4575万画素という超高解像度と9コマ/秒を実現したモデルということになります。このスペックは、はニコンばD850のバッテリーグリップを使用した連射速度に匹敵するもので、さらに493点の測距点はD850をも大きく上回ります。

  Z6 Z7
AF方式 ハイブリッドAF
(位相差AF/コントラストAF)
ハイブリッドAF
(位相差AF/コントラストAF)
測距輝度範囲 EV -2~19 EV -1~19 EV
シャッタースピード
(メカシャッター)
1/8000~30秒 1/8000~30秒
電子シャッター
(サイレントモード)
電子先幕シャッター
(アンチショックモード)
フラッシュ同調速度 1/200秒以下 1/200秒以下
最大連写とバッファ ・低速連続撮影:約1~5コマ/秒
・高速連続撮影:約5.5コマ/秒
高速連続撮影(拡張):約12コマ/秒
(14ビットRAW設定時:約9コマ/秒)
・低速連続撮影:約1~5コマ/秒
・高速連続撮影:約5.5コマ/秒
(14ビットRAW設定時:約5コマ/秒)
高速連続撮影(拡張):約9コマ/秒
(14ビットRAW設定時:約8コマ/秒)
AFフレーム – ピンポイントAF
– シングルポイントAF
– ダイナミックAF
– ワイドエリアAF
– オートエリアAF
– ピンポイントAF
– シングルポイントAF
– ダイナミックAF
– ワイドエリアAF
– オートエリアAF

AFポイント(Z6:273点、Z7:493点)

どちらのカメラも、像面位相差AFおよびコントラストAFを採用しますが、測距点数が異なり、Z7が493点。Z6は273点となる(静止画モードAF時)。撮像範囲の水平、垂直約90%という広い範囲をカバーするといいます。

また、両機種とも、トラッキングの速度と反応性や、フォーカスエリアを制御するためのさまざまな設定変更が可能で、顔検出は、静止画はもちろん動画撮影でも使用できます。

  Z6 Z7
AF測距点
(像面位相差)
273点 493点

撮影機能(Z6:4K、Z7:8Kタイムラプスが可能)

20種のクリエイティブコントロール(ドリーム、モーニング、ポップ、サンデー、ソンバー、ドラマ、サイレンス、ブリーチ、メランコリック、ピュア、デニム、トイ、セピア、ブルー、レッド、ピンク、チャコール、グラファイト、バイナリー、カーボン)を持ちます。

このクリエイティブコントロールは調整が可能となっており、カスタムピクチャーコントロールへの登録も可能とのこと。測光範囲は少し異なり、Z6の方が広くなっています。

また、どちらのカメラもインターバル撮影機能があり、タイムラプスを作成できます(別にPCのソフトウェアが必要)。Z6は最大4Kの解像度までですが、Z7はD850と同様に8Kタイムラプス動画が撮影できます。

  Z6 Z7
測光方式 TTL測光方式 TTL測光方式
測光範囲 EV -4~17 EV -3~17 EV
フィルタ 20種
– ドリーム
– モーニング
– ポップ
– サンデー
– ソンバー
– ドラマ
– サイレンス
– ブリーチ
– メランコリック
– ピュア
– デニム
– トイ
– セピア
– ブルー
– レッド
– ピンク
– チャコール
– グラファイト
– バイナリー
– カーボン
20種
– ドリーム
– モーニング
– ポップ
– サンデー
– ソンバー
– ドラマ
– サイレンス
– ブリーチ
– メランコリック
– ピュア
– デニム
– トイ
– セピア
– ブルー
– レッド
– ピンク
– チャコール
– グラファイト
– バイナリー
– カーボン
HDR撮影
インターバル撮影
(4K)

(8K)
ブラケット – AEブラケティング
– フラッシュブラケティング
– ホワイトバランスブラケティング
– アクティブD-ライティングブラケティング
– AEブラケティング
– フラッシュブラケティング
– ホワイトバランスブラケティング
– アクティブD-ライティングブラケティング

ファインダー・背面モニター(まったく同じ)

ファインダー

0.5型の電子ビューファインダーには、約369万ドットの有機ELを採用。ファインダー倍率は約0.8倍、また、接眼レンズには反射防止コーティングに加え、汚れ付着防止と拭き取りをしやすいよう、フッ素コートも施されています。

  Z6 Z7
ファインダー EVF EVF
ドット数 369万ドット 有機EL 369万ドット 有機EL
ファインダー視野率
(上下/左右)
100% / 100% 100% / 100%
ファインダー倍率
(35mm換算)
0.8倍 0.8倍
アイポイント 21mm 21mm

背面モニター

背面には上下チルト式のタッチパネルが搭載。

  Z6 Z7
画面サイズ 3.2インチ 3.2インチ
ドット数 210万ドット 210万ドット
可動式モニタ チルト式 チルト式
タッチAF
メニュータッチ操作

動画

両機種ともに、4K UHD、フルHD(120P)での記録が可能。

  Z6 Z7
ファイル形式 MOV、MP4 MOV、MP4
映像圧縮方式 H.264/MPEG-4 AVC H.264/MPEG-4 AVC
4K UHD 30p 30分まで UHD 30p 30分まで
Full HD 120p 30分まで 120p 30分まで
ハイスピード動画 30p(4倍)/25p(4倍)/24p(5倍) 30p(4倍)/25p(4倍)/24p(5倍)
HDR – N-Log出力 – N-Log出力

インターフェース(全く同じ)

  Z6 Z7
デジタル入出力 Type-C端子(SuperSpeed USB) Type-C端子(SuperSpeed USB)
HDMI Type C Type C
外部マイク入力端子 φ3.5mm φ3.5mm
ヘッドホン出力端子 φ3.5mm φ3.5mm
Wi-Fi
Buletuooth
(Ver 4.2)

(Ver 4.2)
ホットシュー
内蔵フラッシュ

レンズは?

NIKKOR Z レンズは、内径55mmという大口径の新マウントの採用により、レンズ設計の自由度が格段に上がり、光学性能の驚異的な向上を実現とニコンはうたっています。

下記のレンズについて順次発売予定で、その他にもニコン史上最高の開放F値0.95、標準単焦点マニュアルフォーカスレンズ「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」を開発していると発表しています。なお、2018年に発売する3本のレンズは、NIKKOR Z レンズにおいて新たに設定されたグレード「S-Line」に属するとのこと。

  • 「NIKKOR Z 24-70mm f/4 S」:価格は136500円(税別)、2018年9月下旬予定。
  • 「NIKKOR Z 35mm f/1.8 S」:価格は114000円(税別)、2018年9月下旬予定。
  • 「NIKKOR Z 50mm f/1.8 S」:価格は83500円(税別)、2018年10月下旬予定。
  • 「マウントアダプター FTZ」:価格は36500円(税別)、2018年9月下旬予定。

また、今後発売予定のレンズロードマップも公開しています。これによると、

  • 2018年(3本)
    • NIKKOR Z 24-70mm f/4 S
    • NIKKOR Z 35mm f/1.8 S
    • NIKKOR Z 50mm f/1.8 S
  •  2019年(6本)
    • NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct
    • NIKKOR Z 20mm f/1.8
    • NIKKOR Z 85mm f/1.8
    • NIKKOR Z 24-70mm f/2.8
    • NIKKOR Z 70-200mm f/2.8
    • NIKKOR Z 14-30mm f/4
  • 2020年(6本)
    • NIKKOR Z 50mm f/1.2
    • NIKKOR Z 24mm f/1.8
    • NIKKOR Z 14-24mm f/2.8
    • その他3本
  • 2021年(8本)
    • 8本

というなかなかの高ペースでレンズ群を充実させていく予定のようです。

バッテリーグリップは?

「Li-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL15b」を2個装填でき、撮影可能コマ数および動画撮影可能時間を約1.8倍に拡張できる、バッテリーパック(MB-N10)を発売するとのことです。「Z 7」「Z 6」と同等の防塵・防滴性能を確保し、グリップ性能も向上。「本体充電ACアダプター EH-7P」を使用してUSB充電もできまるといいます。

画像引用:Nikon