オリンパス「PEN E-PL9」と「PEN E-PL8」を比較してわかった10の違い

オリンパス「PEN E-PL9」と「PEN E-PL8」を比較してわかった10の違い

2018年2月7日、オリンパスがマイクロフォーサーズのミラーレス一眼「PEN E-PL9」の発売を発表しました。PEN E-PLシリーズはオリンパスのエントリーモデルで、カジュアルなデザインと場バランスのいい性能のカメラです。はじめてミラーレス一眼を購入する人に適したシンプルな機能と使い勝手が魅力でしょうか。

ここでは、旧モデルである「PEN E-PL8」とのスペックの違いを比較してみました。

1 グリップが少し大きくなった

camerasize.comから製品のサイズを比較しました。ボディは基本的に大きな変更はなく、デザインではほとんど見分けがつきません。カラーバリエーションはどちらも、黒、茶、白の3色です。

変更点としては、持ち手の前面グリップがやや大型化してホールドしやすくなったことぐらい。重さも、E-PL9が380g、E-PL8が374gと少しだけ違いがありますが、誤差の範囲といえます。

Olympus_PEN_E-PL9_vs_Olympus_PEN_E-PL8_frontOlympus_PEN_E-PL9_vs_Olympus_PEN_E-PL8_back

【上面】
モードダイヤルが少しだけ大きくなっていて、左側に新しく内蔵フラッシュのポップアップが追加されています。Olympus_PEN_E-PL9_vs_Olympus_PEN_E-PL8_top

  E-PL9 E-PL8
防塵防滴
バッテリー BLS-50 BLS-50
撮影枚数(CIPA基準) 350枚 350枚
対応記録メディア SD×1
(UHS-I対応)
SD×1
(UHS-I対応)
重量
(バッテリー、記録メディア含む)
380g 374g
サイズ
(幅x高さx奥行き)
117×68×39 mm 117×68×38 mm

2 最新の画像処理エンジン(TruePic VIII)を搭載している

画質を左右するイメージセンサーは、どちらも16MPのマイクロフォーサーズ。改良点としては、画像処理エンジンが最新のTruePic VIIIとなっていることです。これにより高感度性能が向上していて、夜景や屋内など、暗い撮影シーンでもノイズを抑えたきれいな写真を撮影可能とのこと。

  E-PL9 E-PL8
有効画素数 1605万画素 1605万画素
センサータイプ 4/3型 Live MOS 4/3型 Live MOS
センサーサイズ マイクロフォーサーズ
(17.3 × 13 mm)
マイクロフォーサーズ
(17.3 × 13 mm)
ISO感度 100~1600
(拡張 100~25600)
100~1600
(拡張 100~25600)
ローパスレス
手ぶれ補正
(3軸 3.5段)

(3軸 3.5段)
画像処理プロセッサ TruePic VIII TruePic VII
RAW形式 12bitロスレス圧縮 12bitロスレス圧縮

3 連写が速くなり、測距点が121点に増えた

連写性能では、「E-PL8」は手ブレOFF時に8.5コマ/秒、AF固定に7.4コマ/秒、AF追従で3.7コマ/秒の連写性能でした。「E-PL9」ではAF固定で8.6コマ/秒、AF追従で4.8コマ/秒に向上しています。

どちらのカメラも、オートフォーカスはコントラストAFです。E-PL9での改良点としてはマルチAFポイントの測距点が121点に増えたことがあります。

  E-PL9 E-PL8
AF方式 ハイスピードイメージャ AF
(コントラストAF)
ハイスピードイメージャ AF
(コントラストAF)
AF測距点 121点 81点
測距範囲 EV -2~20 EV -2~20
シャッタースピード
(メカシャッター)
1/4000~60 秒 1/4000~60 秒
 電子シャッター
(サイレントモード)
 1/16000〜60秒  −
電子先幕シャッター
(1/320~60秒)

(1/320~60秒)
フラッシュ同調速度 1/250 秒 1/250 秒
連続撮影コマ数
(メカシャッター)
– 4.8コマ/秒(AF追従)
– 8.6コマ/秒(AF固定)
– 3.7コマ/秒(AF追従)
– 7.4コマ/秒(AF固定)
– 8.5コマ/秒(手ブレOFF時)
連続撮影バッファ RAW:14枚
JPEG:カード容量まで
RAW:16枚
JPEG:64枚
その他    

4 電子シャッター(1/16000 秒)に対応

どちらも、メカシャッターでは最高速度が1/4000秒までですが、E-PL9は電子シャッターによるサイレント撮影にも対応しました。電子シャッターによる1/16000の高速シャッターが可能です。

5 メニューシステムが一新された

スペックには現れていませんが、E-PL9では、E-M1 II から再設計されたメニューシステムを継承しています。

特に動画の設定が、以前よりも簡単にアクセスできるように再編成されています。いくつかのモード変更のインターフェースも更新されていて、タッチスクリーンを使用して、アートフィルタやシーンモードなどのオプションを選択することも、直感的な操作で初心者には朗報といえるでしょう。

6 アドバンストフォトモードとフィルターが追加された

E-PL9は多重露出やライブコンポジットなどの撮影テクニックを、カメラ初心者でも簡単に操作できる「アドバンストフォトモード」が追加されています。また、アートフィルターに「ネオノスタルジー」が追加されて全16種類に増えました。

7 4K動画が撮影できる

E-PL9では4K・30pの動画が撮影できます。もちろん、ボディ内の3軸手ぶれ補正が効きますので、手持ちでも安定した撮影ができます。

旧モデルとも内蔵マイク(マイク入力なし)、色々なエフェクトやフィルター、29分の最大録画時間です。なお、ファイル形式は、E-PL8は「MOV」と「AVI」に対応していましたが、E-PL9は「MOV」のみ対応となっています。

  E-PL9 E-PL8
映像記録方式 MOV
(MPEG-4AVC/H.264 )
MOV、AVI
(MPEG-4AVC/H.264 )
動画記録サイズ/
フレームレート
4K:30p
Full HD:60p
HD:30p
Full HD:30p
HD:30p
SD:30p
記録時間制限 29 分 29 分

ePhotozineにE-PL9で撮影された4K動画のサンプルがアップされています。品質は悪くないものの、少しシャープネスが欠ける印象があります。ただ、この動画は14-42mm EZキットレンズが使われているようなので、もっと高品質なレンズを使えばポテンシャルが引き出せるのかなと思います。

8 フラッシュを内蔵している

E-PL8はフラッシュが内蔵していない代わりに、外付けのフラッシュユニットがセットで付属していました。E-PL9ではフラッシュが内蔵式になり、その代わりにアクセサリーポートがなくなっています。

同期速度はどちらもが1/250秒で、+/-3EVフラッシュ補正で変化ありませんが、ガイドナンバーはE-PL9では7.6、E-PL8では10となっています。

9 Bluetoothを搭載

Wi-Fi接続のみであったE-PL8とは違い、E-PL9ではBluetoothとWi-Fiを組み合わせて、スマートフォンへの画像転送をより迅速かつ簡単に行うことができます

これにより、例えばカメラをバッグの中にしまったままでも、スマートフォンで専用アプリでカメラをリモート起動し、写真をインポートできて便利ですね。

  E-PL9 E-PL8
映像/音声出力・デジタル端子 USB Micro-B USB Micro-B
外部マイク入力端子
HDMI タイプD タイプD
USB充電
Wi-Fi
Buletuooth
(
Ver.4.0)
GPS
電子水準器
内蔵フラッシュ
(GN 7.6)

(GN 10.0)
その他 アクセサリーポートなし アクセサリーポートあり

10 価格が1万円ほど高い

最新機種のE-PL9の日本での実勢価格はキットレンズ付きで75,000円前後と予測されており、E-PL-8から1万円程度の差があるようです。

変わっていないところは?

  • 4/3型 約1605万画素Live MOS センサー
  • ISO LOW(100相当)、200-25600(1/3EVステップ)
  • ボディー内手ぶれ補正 撮像センサーシフト式3軸手ぶれ補正
  • メカニカルシャッター:1/4000~60秒
  • 3.0型 可動式液晶
  • Wi-Fi搭載
  • Bluetooth 搭載
  • リチウムイオン充電池 BLS-50 約350枚

まとめ

E-PL9は、旧モデルのE-PL8にいくつか機能が追加されていますが、それほど大きな違いはなく、マイナーバージョンアップといった具合です。画像処理エンジンが新しくなっているので画質はちょこっとだけ向上しているものの、そこまで大きな違いは見受けられません。一方で値段は旧モデルのE-PL8の方が安価なので、どちらを買うか迷う人も多いと思います。

動画撮影を行いたいのであれば、4Kにも対応しているE-PL9を迷わずオススメできます。あるいは、撮影にフラッシュを多用することが多い人であれば、フラッシュが内蔵式になっているのでE-PL9の使い勝手がよいでしょう。E-PL8は外付けフラッシュなので、持ち歩くのがちょっと面倒です。

また、インスタグラムに頻繁に写真をアップしたいなど、スマホとの親和性を考えるとBluetoothを搭載しているE-PL9が選択肢となるでしょう。

しかし、繰り返しになりますがデザインや画質では、両者にさほどの違いはないため、とりあえず入門用のカメラとして使ってみたい、というのであれば価格の安いE-PL8でも十分です。機能の違いもカメラ初心者であればほとんどわからないでしょうから、入門用として安価な方を選んだほうが無難かもしれません。その辺は予算との兼ね合いでしょうか。

E-PL9

 

E-PL8

画像引用:オリンパス