PRリンク

パナソニック「LEICA DG 8-18mm F2.8-4」 − 歪曲が大きいがビルドクオリティの優れたレンズ

基本スペック

メーカー Panasonic
名称 LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0
発売日 2017年
対応マウント マイクロフォーサーズ
オートフォーカス AF/MF
F値 F2.8~22
焦点距離(35mm判換算) 16-36mm
レンズ構成 10群15枚
絞り羽枚数 7枚
防滴処理
手ぶれ補正機構
最短撮影距離 0.23m
最大撮影倍率 0.12倍
(35mm判換算:0.24倍)
フィルター径 Φ67mm
最大径 Φ73.4mm
長さ 88mm
重さ(本体のみ) 315g

MTFチャート

レンズ構成図

 

レビュー(海外の評価)

Optical Limitsがパナソニック「LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 ASPH.」のレビューを掲載しています。

【ビルドクオリティ】

  • レンズは、金属製で仕上がりの良い外装だ。
  • ズームリングとフォーカスリングの動作は滑らかで、 オートフォーカスは静音かつ高速だ。

【光学性能】

  • 歪曲はJPEGだと8mmで-1.4%の樽型だ。RAWで確認すると8mmが-6.6%、12mmが-2.38%、18mmが0.283%であった。
  • 周辺減光は自動補正で0.5EVほどだが、RAWの8mmは-1.6EVと悪い結果だ。F5.6まで絞ると大幅に解消する。
  • 中央解像度は全焦点距離で優れている。端も「とても良好」で、四隅は「良好」だ。8mmでは歪曲が自動補正されることにより四隅の解像度が低下するが、これは12mmでは改善される。
  • 色収差はとても小さいので、問題にならない。

【総評】

  • マイクロフォーサーズで優れた広角ズームといえば、オリンパス「7-14mm F2.8 PRO」だが、このレンズも良好だ。光学性能は優れていて、中央はとてもシャープで隅もかなり良好だ。歪曲や周辺減光が少し気になるが、自動補正を適用するケースはまれである。ゴーストがは発生することはあるものの、競合レンズと比べて著しくひどいものではない。
  • ビルドクオリティは素晴らしい。滑らかな操作性だし、頑丈で防塵防滴構造だ。手振れ補正がないのは残念だ。

レビュー動画(英語のみ)

 

作例