PRリンク

Canonはミラーレス一眼へのシフトに戦略を変えたらしい

NIKKEI ASIAN REVIEW で、キヤノンマーケティングジャパンの坂田社長のミラーレス一眼に関するコメントが紹介されています。

Canon shifts focus from SLR to mirrorless cameras

  • キヤノンは、ミラーレス一眼マーケットの急拡大のため、戦略をシフトする。これまでは一眼レフの販売への影響を懸念したため、ミラーレス一眼の積極参加には消極的だった。
  • キヤノンは3月にエントリーレベルのミラーレス一眼(EOS Kiss M)に発売する。キヤノンマーケティングジャパンの坂田正弘社長は、このカメラを「戦略モデル」と位置付けており、子供の写真を撮りたい母などファミリー層を取り込みたいと考えている。
  • キヤノンの2017年のミラーレスのシェアは、国内市場では23%で、オリンパスに次ぐ第2位となっている。EOS Kiss Mの発売でトップシェアを目指したいとしている。キヤノンは、ミラーレス一眼が急速に普及し、ソニーのハイエンドミラーレス一眼が一眼レフの市場を切り崩していることから、「一眼レフとの共食いがあったとしても、積極的に成長市場に製品を投入しなければならないと判断した」と述べている。
  • 日本のレンズ交換式カメラの市場は、昨年、一眼レフの販売が10.1%減少し、ミラーレス一眼は29.2%増加した。ミラーレスは、香港、台湾、シンガポールのレンズ交換式市場で半分を占めるようになった。同社は、一眼レフとミラーレス一眼の両方を提供することで、どの地域の顧客ニーズにも対応できるよう努力している。
  • キャノンがハイエンドミラーレスカメラをリリースする可能性については「タイミングを見て検討している」と言及するにとどまった。

インタビューにもあるとおり、これまでのキャノンは、一眼レフの販売を主軸に置いており、ミラーレス一眼はエントリーモデルをリリースするにとどまっていました。カメラ初心者にエントリーレベルのミラーレス一眼のキャノン製品を買ってもらって、中上級者向けには一眼レフを提供する、といった戦略でした。ソニーのフルサイズミラーレス一眼の好調さをみて戦略を変えたということですが、そうだとするとユーザーには多用な選択肢が増えることになるので、望ましいことですね。ニコンの出方もきになります。