PRリンク

キヤノンはミラーレス一眼で攻勢を仕掛けレンズ交換式カメラでシェア50%を目指す【海外からの情報】

キャノンの海外サイトに同社の戦略企業会議の資料が掲載されています。その中で御手洗冨士夫CEOにがミラーレス一眼の販売戦略強化を明確に打ち出されているか所がありましたので紹介します。

既存のビジネスの中では、複合機やレーザーカラープリンタ、ミラーレス一眼などの市場が急拡大している。これらの分野でキャノンの技術で差別化できる製品を投入し、市場を活性化させ、市場シェアの確保を目指す。例えば、当社のカメラ事業では、デジタル一眼レフの市場での圧倒的なシェアに加えて、急成長を遂げているミラーレス一眼カメラのマーケットで攻勢を打ち出し、売上を拡大していく。長期的に、交換レンズ市場全体の市場シェアを50%にするという目標を達成したい。

過去にはキャノンは本気でミラーレス一眼を開発する気があるのかなどでも紹介したとおり、キャノンはミラーレス一眼への傾注度が低いメーカーでした。あくまでカメラ上級者には一眼レフを使ってもらい、ミラーレス一眼はスマホやコンデジからの乗り換え組などの初心者に買ってもらうという戦略でした。しかし、ここにきてミラーレス一眼のもつメリットに目を向け、戦略転換を図っているようです。ユーザーにとっては選択肢が増えるのはありがたい限りでしょう。

キャノンからフルサイズセンサーを搭載したミラーレス一眼が発売されるのではないかという噂もチラホラ聞こえています。ニコンについても同様のようです。