ソニーは将来、画像処理エンジンにAI(人工知能)を活用する

ソニーは将来、画像処理エンジンにAI(人工知能)を活用する
Imaging Resource に、ソニーの田中 健二氏(デジタルイメージング本部 第1ビジネスユニット シニアゼネラルマネジャー)の興味深いインタビューが掲載されています。
 

Imaging Resource A.I. is the future of mirrorless cameras 

  • プロセッサは非常に重要で、我々はイメージセンサーとプロセッサの両方に関する技術を有している。
  • 将来は、瞳AFのような被写体の検出にAIを使うようになるだろう。AIに関する技術は、とても進歩が速い。現在のソニーのプロセッサは、汎用的なコンピューティング。ユニットが採用されているが、次世代ではよりAI向けに設計されたものになるはずだ。

現行のソニー製品に搭載されている被写体の認識技術の一つである瞳AFも、非常に素晴らしい精度であるとの評価が多数です。玄人でも難しいガチピンの写真が初心者でも撮れてしまうという、技術特異点が属人的な能力を上回るパフォーマンスを発揮する証左ともなっています。ですが、ソニーはもっとその先を見据えて、AIを搭載した被写体の認識や画像処理にも、構想に加えているようです。AIといっても自然言語解析や翻訳など活用用途は様々ですが、画像処理はAIと馴染みがある分野ではあるので、技術の進展に引き続き目が離せませんね。