PRリンク

スポーツ撮影にオススメなミラーレス一眼は? トップはα9、マイベストはX-T3

海外の著名フォトグラファーで人気YoutuberのTony氏が「Mirrorless Sports: Canon EOS R, Nikon Z7, Fuji X-T3, Sony a7 III, a7R III, a9 camera review」という動画をYouTubeにアップしています。

Tony氏がおすすめするスポーツ撮影向けのミラーレスをランキングで紹介しています。

スポーツ撮影では「ミラーレス」が優れている

前段として、「もはやスポーツ撮影においては一眼レフよりもミラーレスの方が優れている」と氏は主張しています。そのためこのラインキングでは、ミラーレスしか登場しません。

ミラーレスがスポーツ撮影に向いている、その理由として、5つをあげています。

1.EVFによりリアルタイムで露出をみることができる
2.フレーム全域でAFが使える(隅の方でもAFができること)
3.ブラックアウトが少ない(ビデオのようにフレームに被写体を捉えたまま撮影ができる)
4.連射が速い(速いものだと30コマ/秒の連射ができるが、これは一眼レフでは考えられない)
5.音が静かである(スポーツでは、ゴルフなど音を立てられないシチュエーションがある)

6位:Canon EOS R

  • オールラウンドカメラであり、2.5コマ/秒の連射は致命的に遅い
  • この連射速度は300ドルのエントリーモデルと同じぐらいだが、しかし極めて正確だ。合焦精度を優先したカメラであるためスポーツ向けではない。
  • もう一つの欠点として、ジョイスティックがないため被写体の素早い選択ができないことがある。タッチスクリーンでAFポイントをが指定できるが、レスポンスが悪いし、フレームを左右に大きく動かすのが難しい。
  • シングルカードスロットであること。
  • キヤノンには多くのスポーツ向けの素晴らしいレンズラインナップがある。これらがアダプタ経由で利用できるものの、残念ながらAFが高速ではなくなってしまう。これらのレンズ資産を持っている場合はEOS 7D Mark IIやEOS-1DX Mark IIを使うことを勧める。

5位:Nikon Z7

  • 4500万画素の高解像モデルであり、画質面はこれまでテストしたミラーレスの中でベストだ。
  • 最高で10コマ/秒の連射ができるが、このモードだと撮影間の待ち時間が長くなってしまう。これを解消するには4コマ/秒まで連写速度を落とす必要があるが、それでも60%くらいしか合焦しない。
  • Canon EOS Rと比べると、高画素モデルであるためクロップが使えるというアドバンテージがある。
  • ニコンの新しい撮影スタイル(AFポイントを合わせてOKボタンで追従を開始する)を試してみたが、馴染めずにすぐに諦めてしまった。
  • スポーツ撮影ではD5やD850のAFシステムが優れていた。卓越した3DトラッキングAFを持っており、これがミラーレスに継承されなかったのは残念だ。
  • シングルカードスロットであるのも弱点だ。

4位:SONY α7 III

  • 2000ドルの価格は前に紹介した2台よりも安い
  • デュアルカードスロットであることはメリットだが、書き込み速度に差がある(片側はUHS-I)。
  • さらに、バッファ処理中はメニューにアクセスできず、カメラ全体の操作が不可能になってしまうという問題がある。
  • ソニーにはミラーレス向けの純正の望遠レンズを多く揃えており、70-200mm F2.8とF4.0、400mm F2.8などのレンズに加え、テレコンバーターもバラエティに富んでいる。400mm F2.8はAFはとても速く、素晴らしいレンズだ。
  • 8コマ/秒の連写ができるが、合焦するのは5.2コマぐらいだ。
  • ソニーは防塵防滴があまり良くないので、屋外での厳しい条件下で撮影するスポーツフォトグラファーには選択肢にならないかもしれない。

3位:SONY α7R III

  • 評価としてはα7 IIIと僅差だ。4200万画素と高画素なので1.5倍にクロップしても実用的なところが秀でている。
  • テレコンを持ち歩いて付け替える手間を、ボタンのON-OFFだけで切り替えられる。クロップしても印刷に大きさ維持される。
  • フレーム全域で被写体をトラッキングするが、まだ信頼性が低いと思う。よりよりもジョイスティックで指定した方が確実だ。

2位:FUJIFILM X-T3

  • 個人的にすべてのうちで最も好みなカメラはX-T3だ。
  • ブラックアウトなし30コマ/秒は驚異的だ。遮られることなく動画を撮影しているような視覚で撮影できてしまう。フィールドを見ながら撮影できるので、次に何が起こるか予想しやすいメリットがある。
  • 欠点としては、30コマ/秒の連射は1.25倍のクロップモードになることがある。通常では12、13コマ/秒の連射で、そのうち合焦しているのは8コマほどだ。素晴らしい結果とまではいえないが、それでも他のカメラと比べると善戦しているといえる。
  • スポーツ撮影でオススメのレンズは「XF50-140mmF2.8」だ。
  • α7 IIIや、α7R IIIよりも性能が高い上に、たった1500ドルなのはかなり安い
  • APS-Cはフルサイズの約半分のセンサーサイズであり、暗所での撮影ではのノイズも多い。しかし、富士フイルムには望遠で明るいレンズ(XF200mm F2)の選択肢もあるので、そういったレンズであれば問題ないだろう。
  • デュアルカードスロットで、しかも両スロットとも高速な規格に対応しており、よりスポーツ撮影向けだ。

1位:SONY α9

  • ブラックアウトフリーで20コマ/秒の連射ができる。これまでスポーツ撮影ではCanon EOS-1DX MarkIIやNikon D5を使っていたが、α9が登場してからは出番がなくなった。
  • EVFでプレイヤーを見て動きを予想しながら撮影できるのは本当に素晴らしい。しかも、レンズ次第では20コマすべてで合焦できた。「400mm F2.8 GM」が最も良い組み合わせだ。
  • しかし、α9の値段は4000ドルで、X-T3は1500ドルと半分以下だ。
  • α9はスポーツ撮影に特化したようなカメラなので、多くの人にはオールラウンドで活用できるX-T3を勧める。