PRリンク

キヤノン「RF35mm F1.8 MACRO IS STM」 − コンパクトでAFが速く、歪曲以外は画質も優れたレンズ

  

基本スペック

メーカー CANON
名称 RF35mm F1.8 MACRO IS STM
発売年 2018年11月
対応マウント
対応センサーサイズ フルサイズ
オートフォーカス
(駆動系)
AF/MF
(ステッピングモーター)
F値 F1.8 〜 22
焦点距離
(35mm判換算)
35mm
画角 54° ・ 38° ・ 63°
レンズ構成 9群11枚
絞り羽枚数 9枚(円形絞り)
防塵・防滴処理
手ぶれ補正機構
最短撮影距離 0.17m
最大撮影倍率 0.5倍
フィルター径 φ52mm
最大径と長さ
(レンズキャップを含まない)
φ74.4×62.8mm
重さ 305g

MTFチャート

レンズ構成図

レビュー(海外の評価)

PhotographyBlogがキヤノン「RF35mm F1.8 MACRO IS STM」のレビューを掲載していますので、抄訳を紹介します。

【ビルドクオリティ】

  • サイズ感は「EF35mm F2 IS USM」とよく似ていて、小型で軽量な単焦点レンズだ。
  • ほぼプラスチック製だが、造りがしっかりしていて、ビルドクオリティはとても良好だ。
  • オートフォーカスはEOS Rとの組み合わせで約0.1秒で合焦した。好条件でも悪条件でもAFの迷いに差が少なかった。正確性は高く、STM駆動のため静音で動作も滑らかだ。動画撮影にも向いている。

【光学性能】

  • シャープネスは中央と四隅どちらもF1.8でexcellentだ。F2.8〜F11でoutstanding。F16-F22は回折の影響が出る。
  • 周辺減光は、絞り開放では目立つ。F4まで絞らないと解消しない。
  • 歪曲はけっこう目立つ。
  • ボケの評価については、好みも問題もあるが、我々は成功したと言えると思う。
  • 色収差はほとんどなく、良好に補正されているようだ。

参考サイト

作例