PRリンク

キヤノンは2019年に7本のRFレンズを発表、そしてEFレンズの予定はない

Canon Rumorsによると、キヤノンは2019年EOS Rシリーズ用のRFマウントレンズを7本を発表する予定で、それに対してこれまでキヤノンの主力であったEFマウントに関してはレンズを発表する予定がないとのこと。

As many as 7 new RF lenses coming in 2019 [CR2]

CanonRumorsによるとキヤノンは2019年に新しいEFレンズは発売されなず、RFレンズは7本がリリースされるだろうとのこと。さらに、今後3年以内に少なくとも15本のRFレンズの発売ロードマップがあると伝えています。

(参考)現在発売中のRFレンズ

  • RF24-105mm F4 L IS USM
  • RF28-70mm F2 L USM
  • RF50mm F1.2 L USM
  • RF35mm F1.8 MACRO IS STM

2019年に発表が予想されるRFレンズ

  • RF16-35mm F2.8 L USM(または同等品)
  • RF24-70mm F2.8 L IS USM(または同等品)
  • RF70-200mm F2.8 L IS USM(または同等品)
  • RF105mm F1.4 L USM
  • RF85mm F1.8 IS STM
  • マクロレンズ
  • 非Lキットレンズ

キヤノンは、EOS Rの発表時に、F2.8通しの大口径ズームレンズ(いわゆる大三元レンズ)シリーズの開発を宣言しています。また、Lラインではないキットレンズが、EOS Rの入門機と同時に発表される可能性があるとのことです。

2019年に7本、2022年までに15本というのはなかなか凄まじいスピードですから、キヤノンは新レンズの開発リソースをEFレンズからRFレンズに置き換えている可能性があります。それを考えると、この噂の信憑性も増すと思います。現状のRFマウント機はEOS Rのいち機種のみですが、これからフルサイズミラーレスの入門機やプロ向け上級機が登場するでしょうから、大三元レンズを皮切りに、望遠単焦点や非Lレンズも充実させていくと予想されます。