PRリンク

ソニー「α6400」 − オートフォーカスが素晴らしいがジョイスティックと手振れ補正がないのが欠点

Lesnumeriqueがソニーの新ミラーレス「」のレビューを掲載していますので、抄訳を紹介します。

  • デザインはこれまでの機種を踏襲している。コンパクトだがグリップなグリップだ。
  • セルフィーモニターがあるが、外付けマイクを装着するとモニタに被ってしまうので、アクセサリーシューとは併用できない。
  • フロントコマンドダイヤルがなく、ボディ内手振れ補正もない。ジョイスティックがないのも残念だ。
  • レスポンスは優れているが、起動までに約1.5秒かかるのがネックだ。
  • 連写速度は11コマ/秒だが、ライブビューで連写撮影をするためには8コマ/秒にする必要がある。
  • リアルタイムトラッキングは撮影を便利にする。顔と瞳の検出は見事な機能だ。
  • 高感度性能は、ISO800までは良好、ISO1600で少し劣化があるが、ISO3200でもまだ実用的だ。ISO6400も許容範囲だ。ISO12800から画質が大きく損なわれる。

【総評】

  • α6400は、α6300と外観やセンサーが同じである。暗所での撮影は依然として得意で、リアルタイムトラッキングや顔検出ができるAFはとても便利だ。ただし、ボディ内手振れ補正がないことを不満に思うユーザーもいるだろう。
  • (長所)良好な画質、ビルドクオリティ、リアルタイムトラッキング、顔検出、クロップなしの4K UHD、豊富なカスタマイズ、自撮りができるチルトモニタ
  • (短所)起動が遅い、1/4000秒のシャッタースピード、ボディ内手振れ補正がない、ヘッドホン端子がない、4K時のローリングシャッター、タッチ操作以外でのAF移動が直感的にできない