PRリンク

シグマ「135mm F1.8 DG HSM」 − 巨大で重いが、最高画質の優れたレンズ

基本スペック

メーカー SIGMA
名称 135mm F1.8 DG HSM
発売年 2018年 7月
対応マウント シグママウント
ニコンマウント
キヤノンマウント
ソニー Eマウント
対応センサーサイズ フルサイズ
オートフォーカス
(駆動系)
AF/MF
(超音波モーターHSM)
F値 F1.8 ~ 16
焦点距離
(35mm判換算)
135mm
画角 18.2°
レンズ構成 10群13枚
絞り羽枚数 9枚 (円形絞り)
防塵・防滴処理
手ぶれ補正機構
最短撮影距離 0.875m
最大撮影倍率 1:5
フィルター径 φ82㎜
最大径と長さ
(レンズキャップを含まない)
φ91.4mm × 114.9mm
重さ 1,130g

MTFチャート

波動光学的MTF

幾何光学的MTF

レンズ構成図

レビュー(海外の評価)

Admiring Lgiht がシグマの「135mm F1.8 DG HSM」のレビュー記事を掲載していますので、抄訳を紹介します。

【ビルドクオリティ】

  • 1,130gと巨大なレンズだ。長時間携帯すると疲れる。
  • フォーカスリングの造りが大きく操作しやすい。減衰性も良好だ。
  • AF速度は普通だ。好条件ではそこそこのフォーカススピードで確実に合焦するが、低照度ではとても遅くなり、低コントラストでは合焦しづらい。

【光学性能】

  • フレーム全体でとてもシャープで、私が今までテストしたレンズの中で最もシャープだ。端や四隅でも開放から非常にシャープで、絞ってもあまり改善しない。
  • 解像力の高いレンズはボケがうるさいことが通常だが、このレンズのボケは滑らかで、なおかつ特徴のある素敵な玉ボケとなる。
  • コントラストは絞り開放から素晴らしい。
  • 軸上色収差、倍率色収差も極めて少なく、問題となることはなかった。
  • 歪曲は、ほぼ目視できない程度の糸巻き型だ。
  • 周辺減光はごく僅かで、ほとんど気が付かない程度だ。
  • 逆光性能も良好で、少しコントラストが低下するものの、大きなゴーストは発生しない。

【総評】

  • 巨大で、重量のあるレンズだが、この焦点距離が好みであれば許容できる。抜群のシャープネス、美しいボケ、低色収差を考慮すると、この価格はリーズナブルだ。サイズさえ許容できればとても素晴らしい画質を得ることができて、私が今までテストした中で最高画質のレンズだ。
  • (長所)優れたビルドクオリティ、開放からフレーム全域で優れたシャープネス、美しいボケ、良好なコントラスト、色収差がとても少ない、優れた逆光耐性、周辺減光が少ない、歪曲が少ない、程よい価格設定
  • 短所:巨大で重い、AFスピードが並

参考サイト

作例