PRリンク

シグマ「20mm F1.4 DG HSM|Art」− 光学性能は極めて優秀だがちょっと重すぎる

基本スペック

メーカー SIGMA
名称 20mm F1.4 DG HSM|Art
発売日 2018年
対応マウント シグママウント
ニコンマウント
キヤノンマウント
ソニー Eマウント
オートフォーカス AF/MF
F値 F1.4 ~ 16
焦点距離(35mm判換算) 20mm
画角 (35mm判) 94.5°
レンズ構成 11群15枚
絞り羽枚数 9枚 (円形絞り)
防滴処理
手ぶれ補正機構
最短撮影距離 0.276m
最大撮影倍率 1:7.1
最大径 Φ90.7mm
長さ 129.8mm
重さ(本体のみ) 950g

MTFチャート

波動光学的MTF

幾何光学的MTF

レンズ構成図

レビュー(海外の評価)

Sony Alpha Blogがシグマ「20mm F1.4 DG HSM|Art E-mount」のレビューを掲載していますので、抄訳を紹介します。

【ビルドクオリティ】

  • とても優れている。
  • レンズフードは固定式で、取り外しができない。
  • レンズは非常に大きく、重い。1キロ近くあり一日中撮影することは難しい。
  • スチル撮影でのAFは高速だ。

【光学性能】

  • 「α7R III」との組み合わせるによる実写では、中央は、F1.4からとても良好で、F2~F11まで優れている。四隅は、F1.4~F2はそこそこで、F2.8で良好、F4~F11ではとても良好だ。
  • 発色は良好だが、周辺減光が目立つ。F2.8まで絞ると解消する。
  • 歪曲と色収差は、とても小さい。
  • フレア耐性はとても良好。

【総評】

  • 素晴らしい光学性能を持つレンズだが、約1キロの重量が課題だ。F1.4の大口径レンズが欲しいのであれば良い選択肢だろうが、そうでなけれより軽量な優れた選択肢もある。
    • FíRIN 20mm F2 FE AF:464g、AFはノイジーだし中速
    • FíRIN 20mm F2 FE MF:490g、MFのみ
    • Loxia 2.8/21:394g、MFのみ
    • Batis 2.8/18:330g、より広角

作例