SONY「α7 III」とFUJIFILM「X-T2」を比較してわかった10の違い

SONY「α7 III」とFUJIFILM「X-T2」を比較してわかった10の違い

ソニーが、「α7 III」(ILCE-7M3)を3月23日に発売すると発表しました。α7 III は、ソニーの35mmフルサイズのミラーレス一眼の標準モデルです。立ち位置的にはこんな感じで、α7シリーズの最新機種になります。

【ソニー フルサイズミラーレス一眼のラインナップ】

α7 → 標準モデル(フルサイズの中では廉価)
α7R → 高解像度モデル(4000万画素以上)
α7S → 暗所に強いモデル(ISO102400以上)
α9 → 20コマ/秒の高速連写&AF追従モデル
    (α7シリーズよりも上位の最高スペック)

α7 III はソニーのフルサイズミラーレス一眼のベーシックモデルの最新機種になります。先行して発売されたα9 や α7R III に搭載された操作系や最新機能が搭載されて、実勢価格が25万円程度とシリーズの中では控えめなお値段が話題となりました。

フルサイズのミラーレス一眼で手が出しやすい価格のソニーを選ぶか、APS-Cセンサーだけども小型で値段もちょっと落ちる富士フィルム(X-T2)を買おうか悩んでいる人もいるかと思います。そこでここでは、α7 III と、そのライバルともいえるFUJIFILMのフラッグシップ機のX-T2との違いを比較してみました。

「α7 III」と「X-T2」を比較してわかった10の違い

1.イメージセンサーの大きさ

どちらのカメラも約2,400万画素の解像度ですが、α7 III は35mmフルサイズ(35.6×23.8mm)の大型のイメージセンサーを搭載しています。X-T2はAPS-C(23.6 × 15.6 mm)のイメージセンサーであり、同じ画素数を持つということは、1画素当たりの受光量は面積比と同じ2.3倍の差があることになります。

そのため、α7 III の方が暗所での撮影に強く、ISO感度は常用で51,200まで(拡張で204,800まで)となっています。X-T2の最高感度は常用で12,800まで(拡張で51,200まで)となっています。通常のイメージセンサーよりも多くの受光を可能としています。

また、どちらのカメラの14bit非圧縮のRAWを出力可能です。

  α7 III X-T2
有効画素数 2420万画素 2,430万画素
センサータイプ CMOS
(Exmor R CMOS)
X-Trans CMOS III
センサーサイズ 35mmフルサイズ
(35.6×23.8mm)
APS-C
(23.6×15.6 mm)
ISO感度
(拡張最高感度)
100〜51200
(50 / 204,800)
※動画は102,400まで
200~12800
(100,25600,51200)
画像処理プロセッサ BIONZ X X-Processor Pro
RAW出力 14bit非圧縮 14bit非圧縮
その他 – フリッカー低減  

2.連写性能とバッファ

どちらのカメラもAF方式は、像面位相差AFとコントラストAFを組み合わせたハイブリット式です。

α7 III の連写性能は、メカシャッター、電子シャッター(静音シャッター)ともに、AF追従で10コマ/秒まで。電子シャッターではローリングシャッター歪みが生じやすいので、基本的にはメカシャッターを使い、静音で撮影した場合だけ電子シャッターを使うという運用になります。メモリーバッファはJPEG画像なら177コマ、RAWなら89コマまでとなっています。

なお、8コマ/秒のメカシャッターでは、高速で明滅するライブビューが可能ですが、連写を最速の10コマ/秒とすると画面は完全にブラックアウトし最後に撮影した写真のみが表示されます。

X-T2の連写速度は、電子シャッター使用で14コマ/秒、メカニカルシャッター使用で8コマ/秒、メモリーバッファはJPEG画像なら83コマ、RAWなら33コマまで。これはボディのみの性能で、別売のバッテリーグリップ(VPB-XT2)を装着すると連写速度、シャッタータイムラグ、ブラックアウト時間が短縮されるブーストモードとなります。バッテリーグリップ装着時は、メカシャッターの連写速度は11コマ/秒まで上がります。

  α7 III X-T2
AF方式 ファストハイブリッドAF
(像面位相差+コントラスト)
インテリジェントハイブリッドAF
(像面位相差+コントラスト)
シャッタースピード
(メカシャッター)
1/8000〜30秒 1/8000~30秒
電子シャッター
(サイレントモード)
1/8000〜30秒 1/32000~30秒
電子先幕シャッター
フラッシュ同調速度 1/250秒以下 1/250秒以下
最大連写とバッファ
(メカシャッター)
10コマ/秒(AF追従) 【通常】
8.0コマ/秒(AF追従)

【VPB-XT2装着時】
11コマ/秒(AF追従)

連続撮影バッファ RAWあり: 89枚
RAWなし: 177枚
【通常】
可逆圧縮RAWあり:33枚、
非圧縮RAWあり:27枚
RAWなし:83枚

【VPB-XT2装着時】
可逆圧縮RAWあり:30枚
非圧縮RAWあり:26枚
RAWなし:73枚

3.オートフォーカスのカバー範囲

α7 IIIには693点の像面位相差AFセンサーが備えられていて、AFのエリアは全体の約93%をカバーします。コントラストAFのフォーカスポイント数も425点あり、低照度で位相差AFが正しく機能しない場面でも、コントラストAFが広く被写体を検出できるようになっています。加えて「4D Focus」が採用されています。ソニーによると、これにより速度と位置に基づいてカメラが被写体の動きを予測し、動体の追跡性能を向上させたとのことです。

α7 III
via Sony

X-T2は、通常で91点の測距点を持ち、特定の撮影モードで325点まで細分化できる仕組みになっています。フォーカスポイントの数ではα7 III よりも劣っているように見えますが、代わりにX-T2はオートフォーカス周りのカスタマイズが豊富で、被写体に合わせて細かく性能を調整することができます

例えば、AF-C設定時にピントの追従性を設定できる「AF-Cカスタム設定」により、「SET 2 障害物に強い」「SET 3 加速減速に強い」「SET 4 急出現に強い」「SET 5 激しい動きに強い」など、被写体の動き方に近いプリセット選ぶことで動きのある被写体の捕捉が最適化されて高精度になります。

  α7 III X-T2
AF方式 ファストハイブリッドAF
(像面位相差+コントラスト)
インテリジェントハイブリッドAF
(像面位相差+コントラスト)
AF測距点
(像面位相差)
693点 91点
(最大325点)
測距範囲 -3EV〜 -3EV〜
AFフレーム – ワイド
– ゾーン
– 中央
– フレキシブルスポット S/M/L
– ロックオン
– ワイド
– ゾーン
– シングルポイント

4.ボディ内手ぶれ補正

α7 III には、5軸手ブレ補正機構が搭載されていて、最大の補正効果は5.0段分です。

X-T2にはボディ内に手ブレ補正機構を備えません。とはいえ、フジノンレンズの最重要レンズには、光学手振れ補正が搭載されていて、最大5段の効果があります。

ただ、α7 III のボディ内手ぶれ補正では、レンズ内手ぶれ補正機構では補正できないロールブレ(光軸に対しての回転)にも対応できます。これは動画撮影でも機能するため、4Kなど高解像の動画を撮影する際にも、威力を発揮します。

  α7 III X-T2
手ぶれ補正
(5軸 5.0段)

5.電子ビューファインダーと背面モニター

ファインダー

ファインダーの性能はどちらのカメラも似た性能です。236万ドットの有機ELによる高精細なEVFで、ファインダー倍率は0.78倍と0.77倍で同等です。フレームレートは消費電力のときはどちらも60fpsを使用し、ブーストさせることができます。ブースト時の最大フレームレートはα7 III が120fpsと、X-T2の100fpsよりも高速にできます。

  α7 III X-T2
ファインダー EVF EVF
ドット数 236万ドット 有機EL 236万ドット 有機EL
ファインダー視野率(上下/左右) 100 % / 100 % 100% / 100%
ファインダー倍率 (35mm換算) 0.78倍 0.77倍
アイポイント 27mm 23mm
フレームレート 60fps/120fps 60fps/100fps

背面モニター

α7 III の背面モニターは上下に回転するチルト式でタッチパネルを備えます。背面モニターの操作でカメラの設定を変えたり、フォーカスポイントを移動させることができます。

X-T2の背面モニターにはタッチパネルがありません。でも、3方向チルトというユニークな機構を持ちます。これは上下だけでなく横にも回転する機構で、縦持ちで背面モニターをチルトさせたり、斜めの角度にチルトすることもできます。

  α7 III X-T2
画面サイズ 3.0型 3.0 インチ
ドット数 92万ドット 104万ドット
可動式モニタ チルト方式 3方向チルト
タッチ操作

6.動画の性能

どちらもカメラも30p/25p/24pと100Mbpsで4K・UHDの動画撮影ができます。

ただし、X-T2では1.17倍のクロップが行われるのに対し、α7 IIIは24fpsと25fpsではセンサの全画素読み出しが可能で、クロップがされません。30pのフレームレートのみ1.2倍にクロップがされます。

動画の露出に関しては、X-T2ではF-Logにより広いダイナミックレンジでニュートラルな映像を記録することができます。ただし、F-Logは外部機器でしか収録できず、内部記録はできません。一方の、α7III には「ピクチャープロファイル(PP)」という機能があり、動画撮影では、このPPの中にS-LogsやHLG(Hybrid Log Gamma)などのビデオプロファイルがあり、センサーの性能をスチルだけでなく動画にも最大限に活用できます。

また、Full HDでは、α7 IIIは最大120fpsのフレームレートで映像を記録でき、4倍 / 5倍スローモーションビデオクリップに編集することができます。X-T2では上限が60fpsであり、カメラ内のスローモーションオプションはありません。

録画時間はα7 IIIは約30分(29分)まで録画できます。X-T2はちょっと短くて4Kで10分、フルHDで15分に制限されていますが、オプションの縦型バッテリーグリップを取り付けると、30分の長時間の録画に対応します。

α7 III のサンプル動画(公式)

  α7 III X-T2
4K UHD 30p 100Mbos 30分まで UHD 30p 100Mbps 10分まで
Full HD 120p 100Mbps 30分まで 30p 100Mbps 10分まで
ハイスピード動画 120p 100Mbps 30分まで
クロップ倍率 – 4K/24p:なし
– 4K/30p:1.2倍
– 4K 1.17倍
– FHD なし
HDR – S-Log2
– S-Log3
– HLG
– F-log(内部記録不可)
外部出力 – 4:2:2 8bit – 4:2:2 8bit

7.ボディサイズと操作系の違い

バッテリー・記録メディア込みの重さが、α7 III が650gで、X-T2が507gとなっており、フルサイズセンサーとボディ内手ぶれ補正を搭載しているソニーの方が重くなっています。ボディサイズは横幅がX-T2の方が大きく、グリップのホールド感と軽さを両立しています。

どちらのカメラも上部に「モードダイヤル」、「露出補正ダイヤル」を備えます。X-T2ではこれに加えて、「ISOダイヤル」があり、操作系が豊富です。しかし、α7 IIIには、カスタマイズ可能なファンクションボタンが豊富にあり、最大81個の機能を割り当てることができます。X-T2で同様の割り当て35個までとなります。

操作系の全般では、物理ダイヤルやボタン配置などにより、X-T2は直感的で素早い設定変更が可能であると高評されることが多いです。α7 III も旧モデルから比較して、随所に操作系の改善がされていますが、FUJIFILMのカメラと比べると設定変更に時間がかかるという意見も散見されます。

  α7 III X-T2
防塵防滴
(使用温度範囲)
重さ
(バッテリー、
記録メディア含む)
650g 507g
重さ
(本体のみ)
610g 457g
サイズ
(幅x高さx奥行き)
127×96×74mm 133×92×49mm

8.インターフェース

α7 IIIはWi-FiとNFCに加えて、Bluetooth4.1の外部インターフェースを備えています。スマートフォンなどのPlayMemories Mobileアプリとペアにして、位置情報(ジオタグ)を取得して、カメラの日付/時刻と場所の情報を付加することができます。

X-T2の無線接続のインターフェースはWi-Fiのみです。ただ、これでもスマートフォンへの写真転送、ジオタグの転送、カメラのリモート制御、自動保存、プリンタへの接続といったひと通りの機能が使えます。

  α7 III X-T2
映像/音声出力・デジタル端子 USB-C 3.1 USB3.0 microB
外部マイク入力端子 φ3.5mm φ3.5mm
HDMI Type D Type D
Wi-Fi
Buletuooth
電子水準器
ホットシュー
内蔵フラッシュ

9.バッテリーライフ

バッテリーライフはα7 III が最大で710枚、X-T2が340枚とかなり差があります。α7 III は大容量バッテリー(旧モデルから2.2倍の容量)が採用されて、ミラーレス一眼でトップ級の撮影可能枚数となっています。

ひとつ微妙な注意点ですが、α7 III にはバッテリーチャージャーが同封されていません。バッテリー1個であれば、USBケーブルと本体をつないで充電すればいいと想定しているようです。チャージャーで充電したい場合は、対応の『BC-QZ1』を別途購入する必要があります。これが9,000円ほどするのでちょっとバカになりません。

  α7 III X-T2
防塵防滴
(使用温度範囲)
バッテリー NP-FZ100 NP-W126S
撮影枚数
(CIPA基準)
モニター 710枚
EVF 610枚
340枚
USB充電
対応記録メディア SD×2
(UHS-II/UHS-I)
※スロット1のみUHS-II
SD×2
(UHS-II/UHS-I)

10.価格

α7 III の実勢価格(税込み)は、ボディのみ24万円前後、レンズキット(FE 28-70mm F3.5-5.6 OSSが付属)が26万円前後と予測されています。X-T2はボディのみが13万円前後、レンズキット(XF18-55mmF2.8-4 R OIS)が18万円前後となっています。

どっちを買うべき?

どちらのカメラも、24MPフルサイズセンサー、優れたISO性能、4K動画、最新のオートフォーカスシステム、コンパクトボディに豊富な操作系など、魅力的な機能はほとんど提供されています。

大きな違いとしては、α7 IIIがX-T2より優位なところは、フルサイズイメージセンサーとボディ内5軸手ぶれ補正を備えることから、手持ち撮影や暗所での高感度撮影に強いことがあります。さらに、バッテリライフが長くな、AFのポイント数が増え、動画撮影児のビデオプロファイルが多いこともあります。価格は当然、センサーや機能の多いα7 III が高く設定されているので、違いのある性能差にどれだけの価値を認めるかによって判断は変わってくるのかなと思います。

画像引用:SONY、FUJIFILM