ソニー「α7 III」と「α7 II」を比較してわかった10の違い

ソニー「α7 III」と「α7 II」を比較してわかった10の違い

ソニーが、「α7 III」(ILCE-7M3)を3月23日に発売すると発表しました。α7 III は、ソニーの35mmフルサイズのミラーレス一眼の標準モデルです。立ち位置的にはこんな感じで、α7シリーズの最新機種になります。

【ソニー フルサイズミラーレス一眼のラインナップ】

α7 → 標準モデル(フルサイズの中では廉価)
α7R → 高解像度モデル(4000万画素以上)
α7S → 暗所に強いモデル(ISO102400以上)
α9 → 20コマ/秒の高速連写&AF追従モデル
    (α7シリーズよりも上位の最高スペック)

「α7 III」と「α7 II」を比較してわかった10の違い

イメージセンサーが刷新された

どちらも解像度はほぼ同じです(24.3 と 24.2MP)。が、A7 III には裏面照射型のCMOSセンサーが搭載されています。これは、従来構造のイメージセンサーよりも多くの受光を可能とするもので、ソニーによると、旧モデル(α7 II)比で最大1.5段分の向上が図られ15ストップのダイナミックレンジを実現できたといいます。

 

via Sony

さらに、画像処理システムが新しい画像処理エンジンBIONZ Xになるとともに、α7R IIIと同じようにフロントエンドLSIチップが搭載されました。これにより、旧モデル(α7 II)と比較して読み出し速度が約1.8倍向上しといいます。ソニーによれば、この画像処理システムの更新により、とりわけ、肌の色調や自然・風景画像の色再現性が改善できたとのことです。

どちらのカメラも、14ビットRAWを非圧縮形式または圧縮形式で記録できます。

その他、フリッカー低減の機能も搭載されました。これは、蛍光灯など人工光が存在する場面でのチラツキを抑える機能で、室内での撮影で安定した画質が得られます。

  α7 III α7 II
有効画素数 2420万画素 2,430万画素
センサータイプ CMOS
(Exmor R CMOS)
CMOS
(Exmor CMOS)
センサーサイズ 35mmフルサイズ
(35.6×23.8mm)
35mmフルサイズ
(35.6×23.8mm)
画像処理プロセッサ BIONZ X(次世代型) BIONZ X
RAW出力 14bit非圧縮  14bit非圧縮
その他 – フリッカー低減
– 読み出し速度は1.8倍
 

ISO感度が改善された

新しいイメージセンサーと画像処理システムにより、α7R III はより低照度の撮影に強くなっています。ISO感度の常用レンジはISO 100〜51200で、拡張は50〜204800まで。なお、動画撮影の場合、拡張は最大102400になります。

  α7 III α7 II
ISO感度
(拡張最高感度)
100〜51200
(50 / 204,800)
※動画は102,400まで
100〜25,600
(25,600)

via Sony

α9と同じオートフォーカス・システム

α7 III のAFトラッキング能力は、動体の捕捉性能に定評のあったα9と同等の性能とされています。AFのカバーエリアは全体の約93%をカバーし、693点の像面位相差AFセンサーを備えます。加えて、425点のコントラストAF枠が検出精度が大幅に高めて、ソニーによるとAF速度、追随性能は旧モデル(α7 II)比で約2倍に向上したとのことです。

α7 III
via Sony

測距範囲の最小値も-1Evから-3Evに向上しており、暗い場所での合焦性能も向上しています。

また、瞳を検出してオートフォーカスする「瞳AF」もちょっと進化。振り返りやうつ向き顔など、合焦が難しかったシチュエーションでも瞳を検出しやすくなったといいます。また、旧モデル(α7 II)ではAF-S、純正のEマウントレンズのみで利用できましたが、AF-CやAマウントレンズでも動作するようになっています。

  α7 III α7 II
AF方式 ファストハイブリッドAF
(像面位相差+コントラスト)
ファストハイブリッドAF
(像面位相差+コントラスト)
AF測距点
(像面位相差)
693点 117点
AF測距点
(コントラスト)
425点 25点
測距範囲 -3EV〜 -1〜20EV

 

手ぶれ補正がちょっとだけ進化

ボディ内手ぶれ補正がの最大効果が4.5段分から5.0段分に進化しました!

 

α7 III ボディ内手ぶれ補正
via Sony
  α7 III α7 II
手ぶれ補正
(5軸 5.0段)

(5軸 4.5段)

連写性能が2倍にアップデート

α7 III は連射性能が大幅にアップデートされています。メカシャッター、電子シャッター(静音シャッター)ともに、AF追従で10コマ/秒の連写ができます。旧モデル(α7 II)の5コマ/秒から2倍に性能が引き上げられたことになります。

α7 III
via Sony

バッファーも改善され、最大177 JPG、89圧縮RAWファイル(40非圧縮RAWファイル)まで撮影できます。また、旧モデル(α7 II)では、メモリカードへの保存中にメニュー操作ができない仕様になっていましたが、α7 III ではこれが可能となっています。これも嬉しい改良ポイントですね。

4K動画もパワーアップ

動画撮影のパワーアップ。α7 IIIは24pでは6K領域全画素読み出しを実行しながら、6K相当の情報をキャプチャして、4Kにダウンスケーリングするため、クロップはありません。30pでは5K領域となるため1.2倍のクロップとなります。

α7 III
via Sony

ビデオのプロファイルには、HDR対応のテレビで動作するS-Log3やHLG(ハイブリッドログガンマ)が追加されています。そのほか、Full HDで最大120fpsのスローモーション動画を記録できます。なお、どちらのカメラもマイク入力とヘッドホン出力を備えます。

4K HDR のサンプル動画(公式)

バッテリーライフが2倍以上に

α7 III には、α9と同じく大容量バッテリー(NP-FZ100)が採用されて、撮影可能枚数が大幅に改善されました。バッテリーライフの短さは、旧モデル(α7 II)のウィークポイントと指摘されており、最大350枚と貧弱な性能でした。

大容量バッテリーにより、撮影可能枚数は最大710枚(EVFでは610枚)まで一気に増えて、現行すべてのミラーレス一眼で、本体のみでこれだけ大量に記録できるカメラはそうありません。また、USB充電に対応したところもうれしい改良です。

ただ、α7 III にはバッテリーチャージャーが同封されていないことに注意です。バッテリー1個であれば、USBケーブルと本体をつないで充電すればいいと想定しているようです。チャージャーで充電したいという方は、Zバッテリー対応の『BC-QZ1』を別途購入する必要があります。これが9,000円ほどするのでちょっとバカになりません。

さらに、α7 IIIには2つのSDカードスロットがあり、うち一つはUHS-IIに対応しています。旧モデル(α7 II)スロットが1つ(UHS-I)のみでした。

  α7 III α7 II
バッテリー NP-FZ100  NP-FW50
撮影枚数
(CIPA基準)
モニター 710枚
EVF 610枚
モニター 350枚
EVF 270枚
USB充電
対応記録メディア SD×2
(UHS-II/UHS-I)
※スロット1のみUHS-II
SD×1
(UHS-I)

ボディサイズと操作性

どちらの防塵防滴に配慮した仕様で、埃や湿気に強く、マグネシウム合金のシャーシ。

α7 IIIの操作系は、α9とα7R III にあったボタン配置などの改良点を継承しています。AFジョイスティックやAF Onボタンが背面に追加されていたり、動画記録ボタンがEVFの近くに移動したり、といったことです。

  α7 III α7 II
防塵防滴
重さ
(バッテリー、
記録メディア含む)
650g 599g
サイズ
(幅x高さx奥行き)
127×96×74mm 127×96×60mm

EVFが高倍率化し、背面モニターがタッチパネルに

ファインダー

解像度に236万ドットで変化はありませんが、ファインダー倍率が0.71倍から0.78倍に改良されています。

  α7 III α7 II
ファインダー EVF EVF
ドット数 236万ドット OLED 236万ドット OLED
ファインダー視野率(上下/左右) 100 % / 100 % 100 % / 100 %
ファインダー倍率 (35mm換算) 0.78倍 0.71倍
アイポイント 27mm 27mm

背面モニター

新たにタッチ操作に対応しました。あと、なぜか解像度が123万ドットから93万ドットに減っています。理由は不明です。。

  α7 III α7 II
画面サイズ 3.0型 3.0型
ドット数 92万ドット 123万ドット
可動式モニタ チルト方式 チルト方式
タッチ操作

価格

α7 III の実勢価格(税込み)は、ボディのみ24万円前後、レンズキット(FE 28-70mm F3.5-5.6 OSSが付属)が26万円前後と予測されています。旧モデル(α7 II)はボディのみ13万円前後、レンズキットが17万円前後となっています。けっして安くはありませんが、フルサイズのカメラとしては標準ぐらいの価格設定でしょうか。

α7 III は、最発売済みの α9やα7R IIIに搭載された最新仕様やカスタマイズ性などソニーが培ってきた技術を惜しげもなく詰め込んだカメラと言って間違いなさそうです。随所に改良ポイントがみられ、最新技術の訴求に妥協がみられません。販売サイクルの短いミラーレス一眼は、バージョンアップと冠していても、機能面はほとんど差がなかったりすることもしばしばですが、α7 III にはそういった傾向は無縁と思えます。

なお、α7 III は近頃に発売された他のソニー機と同様に「PlayMemories Camera Apps」は対応していません。タイムラプスやインターバル撮影機能が使えないところは注意が必要です。

画像引用:SONY