Canon

キヤノンはミラーレス一眼で攻勢を仕掛けレンズ交換式カメラでシェア50%を目指す【海外からの情報】

キャノンの海外サイトに同社の戦略企業会議の資料が掲載されています。その中で御手洗冨士夫CEOにがミラーレス一眼の販売戦略強化を明確に打ち出されているか所がありましたので紹介します。 既存のビジネスの中では、複合機やレーザーカラープリンタ、ミラーレス一眼などの市場が急拡大している。これらの分野でキャノンの技術で差別化できる製品を投入し、市場を活性化させ、市場シェアの確保を目指す。例えば、当社のカメラ […]

Canon「EOS Kiss M」のスペックレビュー − Kissの名を冠したミラーレス一眼

Canonは、エントリークラスの一眼レフカメラにおける代表的なブランド「EOS Kiss」を製品名に初めて冠したミラーレス一眼 EOS Kiss M を2018年3月下旬から発売します。   どんなカメラなの? APS-Cサイズ・約2410万画素 CMOSセンサー 最新の画像処理エンジン DIGIC 8 デュアルピクセルCMOS AF が進化 最大99点の測距点(対応する交換レンズでは最大143点 […]

キャノン「EOS M100」を徹底レビュー – カジュアルだけど高画質なミラーレス

主な特徴 APS-C 2400万画素 最新の処理エンジン(DIGIC 7) エントリーモデルなのに像面位相差AF タッチパネル 小型・軽量 基本情報   EOS M100 メーカー Canon 発売日 2017年10月 参考価格 (ボディのみ) 5万円前後 デザイン・操作性 EOS M100は、デザインのバリエーションが豊富です。カラーは、ホワイト・ブラック・グレーの3種類。さらに、9種類のフェイ […]

「EOS M100」のDxOMarkセンサースコアが公開

DxOMarkがキヤノンのエントリー向けミラーレスEOS M100のセンサースコアを公表しました。総合スコアは78ということで、APS-Cのエントリーモデルとしてはまずまずといったところでしょうか。 ライバルとの比較 競合モデルとの比較でみると、キヤノンのミラーレスの上位モデルであるM5やM6と同程度。ソニーのAPS-Cミラーレスでは中上位モデルのα6300にはちょっと劣り、エントリーモデルのα5 […]