Nikon D850、Sony α7RIII、Canon 5D Mk IV、Olympus E-M1 IIの防滴性能を比較した結果

Nikon D850、Sony α7RIII、Canon 5D Mk IV、Olympus E-M1 IIの防滴性能を比較した結果

Imaging Resouce に、各メーカーのフラッグシップ機の防滴性能の比較テストが掲載されています。豪快に水をぶっかけてみて、水が侵入しないか、ちゃんと動作するかを検証するというもので、テスト対象は下記の一眼レフとミラーレス一眼で、

  • Sony α7RIII
  • Olympus E-M1 II
  • Nikon D850
  • Canon 5D Mk IV

テスト方法

テストは動画の前半と後半で2種類です。

1日目:強い雨ぐらいの水(暴風雨ほどではない)を15分間かける。
2日目:霧雨のような水を15分間かける。

 

結果

  • D850はファインダーのアイピース内に少し水滴が入っていたが、どちらのテストもバッテリー室やカメラの動作には特に問題はなかった。
  • α7R III は1日目のテスト後にバッテリー室に水が入っていた。また、2日目のテスト後、カメラから異音がした。バッテリーを抜くて異音は止まったが、一時的にα7R III が動作しなくなった。翌日には復活して正常に動作している状況と。
  • EOS 5D Mark IVE-M1 II どちらのテストも全く問題なし

α7R III はバッテリー室に水が侵入したとの結果でしたが、テストでは水を約1.5メートルの高さから撒いているので、下側からは侵入しないはずです。カメラ上部の隙間などから入っているとしたら、シーリングは完璧ではないと推察されます。

なお、α7R III は旧モデルよりも多くのシーリングが施されているとのことですが、プロユースのカメラのリリースは後発ですので、ライバルにはいま一歩といったところでしょうか。α7R IIIの仕様にも「防塵・防滴に配慮した設計」との記載にとどまっており、基準がないことが問題とも捉えられます。